カテゴリー「n l山梨県.甘利山」の記事

2007年8月26日 (日)

★07.08.25 甘利山

天候:::晴れ

駐車場には2台だけ停まってた、気温13℃、夜明けには少し間があるが空は明るい、どうやら良い天気になりそうだ。

甘利山々頂には4時45分についた、駐車場からの所要時間は近道を通って15分ほど、中腹のポイントではバルブ撮影でもやってるのかカメラマンが一人、山頂には誰も居ない、今朝も完全貸切状況。

富士は雲の高さがちょうどいい、前景の山がスッポリ隠れる高度。

Img0139

奥秩父方向の空はすでに真っ赤になってる。

Img0140

日の出の直前には富士上空もかなり焼けてきた。

Img0141

そしてご来光、右手の山陵は大菩薩か?

Img0142

足元ではハクサンフウロが盛りは過ぎたが、まだまだしぶとく咲いてる、他に目につくのはヤマハハコ、イブキボウフウ、オオイタドリ、オミナエシ、アザミ、ワレモコウ、シシウド、カワラナデシコ、マツムシソウなど、マツムシソウはまだ盛りではないようだ、ウメバチソウは一株だけみつけた。

Img0143

Img0144

中腹ではヤナギランがまだ咲いてる、シモツケソウもわずかに咲き残ってた。

Img0145

ロッヂ周辺では黄色い花が盛り、キオンかと思ったらハンゴンソウらしい。

Img0146

夏もそろそろ終わり、全体的にススキの穂先がかなり伸びてる、あと半月もすると草原はススキの白い花が波打つようになるだろう、ロッヂで熱いコーヒーを飲んで帰路につく、下界はまた35℃だと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

★07.08.05 甘利山

天候:::晴れ

夜中の中央道を快適に走って甘利山の駐車場に午前4時着、駐車場には車が十数台、昨夜から泊まってるようだ、そそくさと仕度を整えてすぐ徘徊に出る。

頭の上には月が輝き空はいくらか明るいが足元は真っ暗、明かりを灯しながら歩く、甘利山々頂には4時30分着、富士山頂はかすかに見えるが写真にはなりそうもない、甘利山頂には他に誰も居ない完全貸切状態。

周囲には雲海が広がる、5時過ぎ、雲海の向こうに真っ赤な太陽が姿を現す、なかなか印象的な日の出、富士山頂は完全に見えなくなった。

Img0110

明るくなって辺りを見渡すとハクサンフウロが咲き乱れ足の踏み場もないくらい、ウツボグサもそこそこ咲いてる、ヤマオダマキやカワラナデシコ、コウリンカなども多くはないが見かける。

Img0111

Img0112 

7時くらいになって下からハイカーがグループ単位で上がってくる、6月のレンゲツツジ見物のような行列にはなりそうもない、富士は依然として見えない、山頂から中腹の草原に下る。

ここもハクサンフウロは多い、山頂よりも花の密度は濃いようにも見える、それにシモツケソウのピンクも多い、ヤナギランやワレモコウもそれなりには咲いてる、遠目にはシシウドかと見えた背丈のある白い花はカラマツソウのようだ。

Img0113

Img0114 

駐車場へ下る途中にはキンバイソウも咲いてるが花はかなりくたびれてる、あずま家付近ではヨツバヒヨドリ、クガイソウそれにヤナギランが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

★07.06.23 甘利山

南アルプス前衛の甘利山《1731m》はレンゲツツジの名所、6月の中~下旬には斜面が朱色に染まる。

Img0064

今までレンゲツツジの咲くころには韮崎市主催のイベントが開催されてたので私は遠慮してたが今回はネライを定めて出かけた。

甘利山の駐車場に午前3時半着、すでに車が30台ほど、ここはかなりの収容能力があるのでまだまだ大丈夫。

空が白みはじめるのに合わせて霧がでてきた、霧はむしろ望むところ、身支度を整えて4時すぎには出発、最初のポイントである中腹の草原までは僅か10分ほど、先客が数名すでに三脚を立ててスタンバイしてる、私も早朝ネライなので久しぶり三脚を携行。

富士は山頂には雲あり、その下には昨日の雨雲の残りカスのような帯雲、いまいち今朝の目覚めは冴えない、レンゲツツジは7~8分咲きの一番いい状態か、欲を言えば1~2日前ぐらいが良かったかな、明日以後は確実に今日よりは悪くなるだろう。

まもなく山頂の雲が消えた、この時間帯は富士と前景との露出差が大きいので難しい、レンゲツツジが空に映えるような撮りかたにならざるを得ない。

Img0065

10分も経過すると富士は見えなくなったが、風向きからするとまだ期待はできる、この間に山頂まで足を伸ばす。

Img0066

山頂はときおり霧につつまれていい雰囲気、風もなく暑くも寒くもない、富士が頭だけ姿を現す、ポイントを移動してる暇はないとにかくその場で撮影しないとすぐまた見えなくなるのだ、このころになると下から続々とカメラマンやらハイカーが上がってくるがここは山の中腹から山頂までどこでも撮影ポイントになるのでどこぞの人気スポットのように三脚スペースの確保もままならないというような事はない。

山頂付近では他にキンポウゲとクサイチゴが目につく程度、ここも草花の本番は梅雨が明けてからになる、アヤメやヤナギラン、シモツケソウ、ハクサンフウロ、ウツボグサ、キンバイソウ、ヤマオダマキなどが目を楽しませてくれるようになる。

レンケツツジの花そのものはさほど魅力的とは思えないが花中が山だらけになる壮観さは他のツツジ類を圧倒する。

7時すぎひとまず駐車場まで戻る、付近の巣箱ではシジュウカラが子育ての真っ最中、数分おきに餌を運んでくる、ロッヂの周辺ではアヤメやスズランが咲いてる。

Img0067

Img0068

Img0069

一休みしてあずま家まで行ってみると富士がきれいに見える、再び中腹の草原へ向かうがまた雲に覆われる、木道に腰を下ろして待つことしばし、きれいに雲が取れた。

Img0070

私の隣でハッセルを操作してたオジサン曰く 「5年通って、やっと撮れた」 と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)